+antsvillage+

categories
archives
comments
links

スポンサーサイト

--.--.--.--



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arto Nuotio

Sat.28.05.2016
0 comments



Arto Nuotio
Arto Nuotio / S.T.
(Fifty-Fifty/FFLPS507/1980)
[FreeSoul/Vocal]

フィンランドの男性シンガーのデビューアルバム。

Dr.フックの「Sexy Eyes」や
アラン・ソレンティ「Figli Delle Stelle」を
フィンランド語でカバーしてます。

ari
スポンサーサイト

Judy Storey

Mon.22.06.2015
0 comments



Judy Storey Sun Is Always Shining
Judy Storey / Sun Is Always Shining (b/w) Close Your Eyes
(Stage/STM1009/1978)
[FreeSoul/ModernSoul]

先日のイベントでRichard Starrが話題にのぼって、
同レーベルのこちらもなかなかですよと
紹介させていただいた7インチ。

「Sun Is Always Shining」が、
ブライトなフィーメルフリーソウル。

時代を先取りしたようなポップ感。

ari

Sonshine

Fri.31.05.2013
0 comments



Sonshine Maker Of TheMorning
Sonshine / Maker Of The Morning
(private/S-680/1980)
[SSW/FreeSoul/CCM]

バージニア州のレリジャス系グループ。

男性と女性のリードボーカルが交互に担当。

こぶしの利いたレリジャス系ボーカルなので、
それなりに耳につくものの
音の方はわるくはないといった感じ。

女性ボーカルの方が幾分聴きやすく、
タイトルどおりブライトなフリーソウル~SSWナンバーの
B1「Brightest Star」や、
フルート入りで、カッティングギターがフリーソウル的な
アコースティックナンバーの
B3「Son」あたりが聴き所。

ari

Lewis McVay

Fri.03.05.2013
0 comments



Lewis McVay Spirit Of St. Lewis
Lewis McVay / Spirit Of St. Lewis
(Maranatha/77-041/1978)
[CCM/Rock/FreeSoul/SSW]

レリジャス系シンガーソングライター。

大手CCMレーベルからのリリースですが、
ロック系ナンバーが多いためか、
取り上げられることは少ないアルバム。

ただ、AOR~SSWファンには見過ごせない曲が。

ポップ系フリーソウルの
A3「Any Day」

メロウSSWナンバーの
A4「Water」やB4「With You」
など。

バックボーカルにはケリーウィラードの名前も。

ari

Liberty

Sun.18.11.2012
0 comments



Liberty Girl You Better Wake Up
Liberty / Girl You Better Wake Up (b/w) inst.
(BASF/15152/1973)
[FreeSoul/BES]

フロア受けしそうなアッパーヤングソウル。

レコーディングはアトランタのスタジオ。

声の感じから、おそらくロックグループかと。

モータウンのオデュッセイを少しダサくした感じと言えば、
伝わりやすいかも。

ari

NEXT PAGE »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。