+antsvillage+

categories
archives
comments
links

スポンサーサイト

--.--.--.--



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zooberry Jam

Fri.28.09.2007
2 comments



ZOOBERRYJAM

V.A. / Zooberry Jam (Private/No Number/-)
[SSW/AOR]

テキサスのラジオ局KZEWのコンピレーションアルバム。

いろんなテイストの楽曲が入っているのは、
他のHOMEGROWNと同様ですが、
内容はちょっと見過ごせないかと。

なんといってもThe Bee's Knees の名曲
「The Drifter」のテイク違い。
アコギとボーカルのみの
アコースティックバージョンでステキ。

Karen Bellaのレアアルバムから
「Lonely Texas Midnight」のアコースティックバージョンも。
いなたい楽曲なので、AORファン向けではないですが。

そのほか、Uncle Rainbowなるバンドの「Kingdom Come」。
作曲がErik Tag(gはひとつ)とあり、
曲自体もそれっぽいシティーソウル(ポップ)。
ただ、残念ながら演奏がいまいちで、
切れの悪い出来に。

ソウル・ファンク系では、
Pyramidの「It's About Time」
1枚アルバムを残しているファンクバンドと同一かどうかは不明。
出来はまぁまぁといった印象。

とりあえずアコースティック「The Drifter」ということで。

ari
スポンサーサイト

Geoffrey Stoner

Tue.25.09.2007
4 comments



GeoffreyStoner

Geoffrey Stoner / Ain't Nothin' Freaky (Ovation/OV1721/1976)
[Soul]

Black Jazzの関連レーベルovationから
2作リリースしているGeoffrey Stoner。
76年作の本作は、Black Jazz関連といっても
DOUG CARNに象徴されるBlack Jazz的なスピリチュアルジャズではなく、
バラエティーにとんだソウルアルバム。

カバー曲もCurtis Mayfield「Check Out Of Your Mind」から
James Taylor「Fire & Rain」,
Loggins & Messina「Back To Georgia」までと幅広い。

フリーソウルファンにはA3「Brand New Woman」と
B1「Understanding Love」が聴き所でしょうか。

特にB1「Understanding Love」はゴダイゴみたいなイントロから一転、
ベースラインが効果的なグルーヴィーソウル。
ボーカルに癖があるため、好き嫌いのあるアルバムかと。

ari

Archie James Cavanaugh

Mon.24.09.2007
3 comments



ArchieJamesCavanaugh

Archie James Cavanaugh / Black And White Raven (Private/BWR-LP-001/1980)
[BES/AOR/FreeSoul]

言わずと知れたブルーアイドソウル系AORの傑作で、大好きなアルバム。
初めて聴いた時はあまりの内容の良さに、朝まで全く眠れませんでした。
それ以来本当に何度となく聴いてますが、色あせる事無く、これは一生物だなぁっと。
CDで入手しやすいので、このサイトのAOR/BESってちょっと聴いてみたいなぁっという方は是非。

ari

<Autographed>
ArchieJamesCavanaugh_sign

<CASSETTE>
ArchieJamesCavanaugh_cas1

Shelters, The

Fri.21.09.2007
0 comments



SHELTERS

Shelters, The / S.T. (Private/GW579/-)
[BES/FreeSoul]

ヒスパニック系ラウンジバンドのカヴァー曲中心のアルバム。

オリジナルの楽曲はなんてことないディスコとバラードがそれぞれ1曲ですが、
カヴァー曲はグルーヴ感たっぷりのブルーアイドソウルに仕上がってます。

O'JaysやPablo Cruise、Low Rawlsなどのカヴァーもあるのですが、
A3「Make It With You」(Bread)
B1「You're The Love」(Seals & Crofts)
B3「More Than A Woman 」(Tavares)
の3曲はミラクルな出来栄え。

ヘタウマおやじボーカルにカッティング16ビート、
転がるエレピと哀愁コーラス。

上記キーワードにピンときたローカル好きの方、必聴のアルバム。

ari

Grand Theft

Mon.17.09.2007
0 comments



GRANDTHEFT

Grand Theft / Have You Seen This Band? (EMI/INS3019/1978)
[AOR/BES]

「Have You Seen This Band?」と銘打ったモンタージュ風のジャケットによって正当な評価を受けていないであろうUKのRockバンド。

ジャケットからは想像も出来ないメローなSOUL寄りのサウンドは、
作曲も担当しているボーカルPeter Rossの影響が大きいのでしょうか。

A2「Two Separate Things」、B1「Body Talk」、B4「Cold Man's Catastrophe」とメロメロのミディアム・スローをやってます。

ハイライトはB2「Seven Wonders」で、カッティングギターが効果的な爽やか系16ビート。
欲を言えばリズムにもう少し切れがあるといいのかも。

派手さはないものの、飽きのこないアルバム。

ari

Santiago

Fri.14.09.2007
0 comments



SANTIAGO_WALKING
Santiago / Walking The Voodoo Nights (EMI/064-45866/1979)
[AOR/BES]

メンバー2人を入れ替えた'79年の2作目は、よりソフィスティケイトされた内容で、欧州産AORの佳作。

A2「Berangere」はSteve Porcaro参加の心地よいメローフローター、A3「Feelin Alive」はポップ系AOR、B2「Just Another Night Fligth」はナイスミディアムフロウで、共にPaulinho Da Costaのパーカッションが心地よいです。

A1「Walking The Voodoo Nights」は欧州でしか生まれ得ないであろう洗練されたブギーナンバー。

ari

Santiago

Fri.14.09.2007
4 comments



SANTIAGO_NEWGUITAR
Santiago / New Guitar (Buk/17 29235-5/1974)
[PopVocal/Rock/preAOR]

サンチャゴといえばEmilio Santiagoが
AOR/Black Contemporaryファンにはマストですが、
こちらはドイツのSantiago。

名前からも推測できるようにスペイン・サンチャゴ出身の
4人組バンドがドイツに残したアルバム。

'74年の1作目はアコースティックな楽曲が中心で、
A2「Don't Worry About」はpreAOR的な佳作。
A3「Last Time」はフラメンコグルーヴともいえるタップが効いた楽曲。

ari

Creation Station

Wed.12.09.2007
3 comments



CREATIONSTATION

Creation Station / S.T. (RockingHorse/RHR5514/-)
[Jazz Rock/FreeSoul/Funk]

ブルーアイドソウルというよりJazz Rockアルバム。
A2「Love to Share」B3「Day To Day」B4「You Got Something」の3曲がボーカル入りファンキーJazz Rockです。
特にB3はブロウするホーンが疾走する高速チューン。

A1「Can't You See」はボーカルが気持ちいいミディアムフロウで、こちらはAOR/BESファンにもオススメ。

ari

Ride

Mon.10.09.2007
0 comments



RIDE
Ride / S.T. (Private/No Number/-)
[FreeSoul/BES/Rock]

北カリフォルニアの海岸沿いエウレカという町出身のローカルバンド。

マニアの間では昔から比較的知られたアルバムで、
海外での評価も高いアルバム。

「Two Of Us」はメロウなギターカッティングで幕を明ける最高のフリーソウル
「Tonight」も疾走するホーンのイントロと転がるエレピがステキ。
その他、哀愁感あふれるミディアムの「Follow Your Bad Life」や、
ソフトロック寄りの「Butterflies」と、かなりの充実ぶり。

というわけで、これ名盤です。

ari

Latul

Sun.09.09.2007
0 comments



Latul
Latul / S.T. (Eye/21023EL/1981)
[AOR/BES/Fusion]

オランダのラテンファンクバンド『Massada』のギターリスト、クリス・ラチュールのソロ作。

『Massada』はイスラエル系移民で構成される大所帯バンドで、
デビューは1973年。
現在でも活動しているオランダではメジャーなバンドです。

内容はMassadaのAORサイドの印象で、
同じオランダのダニエル・サフレカに近い感じ。
本作を発表する前年にサフレカと同じバンドに所属していたということも納得。

同年の傑作、サフレカの『Sunbeam』には及ばないものの、
A2「Mysterious Feelings」はブラジル風味のアーバンメロウグルーヴ。

ari

Goodness

Sat.08.09.2007
0 comments



Goodness
Goodness / Goodness (AudioFidelity/AFSD6284/1976)
[FreeSoul/BES/Rock]

ニューヨーク出身のバンドGoodnessの76年のアルバム。
音自体はRideやForestといったマイナーバンドに雰囲気が近く、
数曲フリーソウル的ナンバーをやってます。

跳ねるリズムにメロウなホーンが心地よい「Run Rabiit Run」
フルート入り16ビート「Girl」
ファンキーロックな「It Ain't Easy」
転がるピアノとアスキーボイスが絶妙な「Winter's Coming On」
などなど聴き所多し。

ニューヨークでもジャケットのようなハンターマウンテン寄りの
ローカル感残るロックバンドかと。

ari

Rockwell Fukino

Sat.08.09.2007
2 comments



RockwellFukino

Rockwell Fukino / Coast To Coast (Ivory Coast/SWDR8003/1981)
[Hawaii/AOR]

ハワイのSSW、Rockwell Fukinoの唯一のアルバム『Coast To Coast』

しっとりとしたバラードが主体のアルバムですが、
その中でA1の「Ordinary Lover」は女性コーラスが効いたフュージョンテイストのNice Hawaiian AOR。
ただ、フュージョンテイストといってもそこはハワイ物。
どことなく感じる爽やかさと良い意味でのローカル感がステキ。

6年程前現地のディーラーに譲ってもらったのですが、
それ以降、Phase7「Could It Be Love」やBrandon Bray「Together」等と肩を並べる楽曲として、
こそっと楽しんでます。

ちなみにA1以外ではA3「Finally Found Love」のみが同系統。

ari

Robert Starling

Sat.08.09.2007
0 comments



RobertStarling_1.jpg

Robert Starling / Welcome To The Island (Calabash/CA-001/1979)
[AOR/SSW]

ノースキャロライナのSSW・Robert Starlingのデビューアルバム『Welcome To The Island』。
イラストのビーチでポーズをとるロバート。
東京在住・飛行機恐怖症の私にはリゾートといったらこんな感じ。
タイトル曲はさわやかなカッティングがまさにIslandでNiceAORです。

編集版CDが↓で購入できますが、あまり知られていないようで
オリジナルは専門店でかなりの高値となってます。
http://cdbaby.com/cd/starlingsong

Robert Starling / Don’t Give Your Love Away

Robert Starling / Don't Give Your Love Away (Dolphin/DLP1002/1982)
[AOR/BES]

2作目『Don't Give Your Love Away』は1作目よりも少しシャープな印象。
編集版CDには未収の「Fantasyland」が80点のブルーアイドソウル系AORです。
アルバムトータルでは1作目の方に分があるかと思いますが、
この革ジャン姿がみれると思えばまぁいいかなぁっと。

Robert Starling / Hopeful Romantic

Robert Starling / Hopeful Romantic (Calabash/CA 2001/1985)
[AOR/BES]

3作目『Hopeful Romantic』は2作目のテイク違い&1曲差し替え。
「Never Fall In Love Again」はこちらのテイクの方が良い感じ。

ari


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。