+antsvillage+

categories
archives
comments
links

スポンサーサイト

--.--.--.--



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jonah

Mon.30.06.2008
0 comments



Jonah

Jonah / S.T. (Nuuhiwa/1308/1995)
[Hawaii/AOR/SSW]

90年代のハワイアンコンテンポラリー。

オプショナルツアーなジャケットですが、
マッキーフェアリー好きにはなかなかの内容。

特に「Call On Me」はそっくり。

ari
スポンサーサイト

Gary Lapow

Wed.25.06.2008
0 comments



Gary Lapow Tell It From The Heart

Gary Lapow / Tell It From The Heart (Springhill/8493008/1982)
[SSW/AOR]

サンフランシスコ周辺のシンガーソングライター。
82年のデビューアルバム。

曲単位では少し単調な印象はありますが、
個人的にはなかなか好きなアルバム。

理由はジャジーメロウなB4「Bamboo In The Wind」。

その後、子供向け歌うお兄さんとして成功したようです。

ari

Larry Gatlin

Tue.24.06.2008
2 comments



Larry Gatlin Straight Ahead

Larry Gatlin / Straight Ahead (Columbia/36250/1979)
[Contry Rock/AOR/FreeSoul]

カントリーの大御所。
1曲とてもステキなAORやってます。

B2「Taking Somebody With Me When I Fall」

声もいいですね。
エマニュエル主人。

ari

『夜だから』

Sat.21.06.2008
1 comments



DJイベントの告知です。

************************************
06/21(土) 18:00 頃~
『夜だから』 @高円寺 コネクシオン charge \ 0-
************************************

マイミクさんに誘われまして、
40分×2セット担当することになりました。

つわものの皆さんばかりなので、
私なんかで、と恐縮してますが、
よかったら遊びに来てください。

ちなみに、私はマイナーAORを中心に
定番もの、ブログネタ、秘蔵盤などなど
おりまぜてかける予定ですー

ari

Matthew Akiona

Wed.18.06.2008
2 comments



Matthew Akiona An Island Romance

Matthew Akiona / An Island Romance (Tropical Blue/-/2003)
[Hawaii/AOR/SSW]

マウイ島のシンガーソングライター。

ほんのりジャジーなアレンジがとても良いですね。
ボーカルはやや個性的なソフト&ハスキー。

試聴はこちらで。

次作はよりジャジー&トラディショナル。

ari

Valentine

Tue.17.06.2008
0 comments



Valentine

Valentine / S.T. (RCA/APL1-2372/1978)
[AOR/BES/Rock]

Frank Stallone参加のバンド。
フィラデルフィアで結成後、
ニュージャージーを拠点に活動してたみたいですね。

お兄さん出演の[ロッキー]でも1曲使われました。

B2「So Sad To Break Up」
B4「Madame Blue」
の2曲がなかなかのAOR・ブルーアイドソウル。

CD化された時はちょびっと話題に?
試聴はこちら

その後、メンバーはソロ活動に。
もともとブルーグラス系だったみたいで、
そちら方面に進んだ方が多いようです。

ari

Summer

Mon.16.06.2008
0 comments



Summer Flying Home

Summer / Flying Home (Touchstone/BBT113T/1979)
[FreeSoul/Soul/Funk]

Maxine Nightingale、P.P. Arnoldをはじめ
Richard Bailey、Kuma Harada等など豪華面々が参加。

UKの企画物で、
ハワイの同名バンドとは関係ないです。

内容は、いまひとつといった印象ですが、
下記2曲はたまに聴いてます。

B1「What's It All About?」
B2「All Your Love Surrender」

ari

Dynamics

Sun.15.06.2008
0 comments



Dynamics Another Day

Dynamics / Another Day (Aspen/AP1701/1976)
[SSW/Folk Rock/AOR]

ダイナミクスってバンドはいくつもありますが、
こちらはネブラスカのローカルバンド。

1961年に結成後、メンバーチェンジを繰り返しジャケットの4人に。
ラリー、ボビーのSotoさんとヴィッキ、ダニーのUllstromさん。

もともとはオールディーズなバンドだったようですが、
このアルバムではステキなSSW・フォークロック・AORをやってます。

ari

Avenue O

Sat.14.06.2008
0 comments



Avenue O Understanding Love

Avenue O / Understanding Love (Sail/78112/1978)
[Rock/Soft Rock/Psych]

レイジーな女性ボーカルが印象的なマイナーバンド。

内容はジャケットのようなスマイル&ダークネス。

A2「Only Love Will Tell Us Why」は、
うねるサックスがあやしいグルーヴを作り出す
個性的なナンバー。

ari

Parker Brothers, The

Thu.12.06.2008
1 comments



Parker Brothers, The
Parker Brothers, The / S.T. (Enterprises/CVE-2811/-)
[BES/AOR/Funk]

ジャケットの6人を中心としたマイナーバンド。

パーカーブラザーズというバンド名ですが、
メンバーにパーカーさんはおらず。
レーベルはペンシルバニアのみたい。

本国ではParker Brothersというと、
モノポリー発売のトイメーカーで有名だそう。

モノポリー発祥の地も同じペンシルバニアなそうなので、
もしかしたらそこからネーミングしたのかも。

内容はスティーリーダン風のAORや、
グルーヴィーなブルーアイドソウルにライトファンクなど
幅広く楽しめる。

ari

Messenger

Wed.11.06.2008
0 comments



Messenger ...The New Has Come

Messenger / ...The New Has Come (Light/LS5703/1976)
[CCM/BES/AOR]

Rick Riso参加、Bill Coleプロデュース。
ジャジーブルーアイドソウルの名盤ですね。

セカンド[Bringin' The Message]も良い内容ですが、
個人的にはやっぱりこっち。

Messenger is new.

ari

Cotton

Tue.10.06.2008
0 comments



Cotton

Cotton / S.T. (Akasha/-/1980)
[FolkRock/SSW/preAOR]

レコーディングはミズーリ州スプリングフィールド。
80年リリースのマイナーフォークロックです。

曲によっては、preAOR、SSW、WestCoast風、
カントリーロック、ジャジーフォークロックと
様々に表現できそうなアルバム。

全体的にしっとりとした印象。

ボーカルは結構繊細で、コットンの中でも上質な感じ。
ただ、決してシルクではなく、やはりコットン。

ari

Coast

Mon.09.06.2008
0 comments



Coast California Summer Nights

Coast / California Summer Nights (Adar/AD-77328/1977)
[Rock/FunkyRock/BES]

カリフォルニアの5人組マイナーバンド。
全体的にファンキーロックな印象です。

スタカン的なフィルのファンキーロック~ブルーアイドソウル
A1「Hit By Dynamite」

あやしいシンセの音色が印象的な
A2「Mellow Man」

メロウなイントロから、ややブルースロック的なサビの
A3「St.Louis In '34」

ちなみにバンド名Coastとは『海岸』という意味の他に、
『陶酔する』という意味もあるそう。

なるほど。

ari

RinLew Allstars

Sun.08.06.2008
0 comments



RinLew Allstars

RinLew Allstars / S.T. (Avi/6058/1979)
[Soul/Funk]

Laurin RinderとMichael Lewisを中心とした
カリフォルニアのマイナーファンクバンド。

RinderとLewisにお友達で、RinLew Allstars。

インパクトのある曲がないので、
取り上げられることは少ないですね。

AORファンにも比較的聴き易いアルバムかもしれません。

ari

One Hand Clapping

Sat.07.06.2008
0 comments



One Hand Clapping Skidum, Skidum Doo-Wah

One Hand Clapping / Skidum, Skidum Doo-Wah (private/-/1977)
[Good Time/Acoustic Swing/SSW]

シアトルのローカルバンドの77年作。
同じシアトルのBLTよりもアコースティックな音です。

アルバム通してグッドタイムな雰囲気。
アコースティックスウィング系のナンバーが中心です。

SSW~AORファンには下記2曲。
A4「Skylights」
B3「Once More For A Smile」

80年にもアルバム「Second Hand Clapping」がありますが、
内容は断然こっち。

ari

Gerry Limpic

Thu.05.06.2008
0 comments



Gerry Limpic Gentle Touch

Gerry Limpic / Gentle Touch (Myrrh/HSB-6627/1979)
[CCM/AOR/SSW]

CCMデゥオLimpic And Rayburnの片割れで、
以前紹介したRob Mehl / Taste And Seeのプロデューサー。

このアルバムはなんといってもタイトル曲が絶品。

それにしてもジェントルタッチって
どことなくセクシー。

Limpic And Rayburn(and Dave Pollard)名義の2作は
SSW・Folk Rockファンにオススメ。

ari

Jack Grunsky

Wed.04.06.2008
0 comments



Jack Grunsky The Patience Of A Sailor

Jack Grunsky / The Patience Of A Sailor (Honeybee/-/1978)
[SSW/GoodTime/preAOR]

オーストリア生まれのシンガーソングライター。

ドイツで数枚のアルバムをリリース後、
カナダでこのアルバムを制作したそう。

ぼくのたからもの的ジャケットのような、
ちょっとキラキラした雰囲気のあるアルバム。

永遠の少年。

ari

Sycomore

Sun.01.06.2008
2 comments



Sycomore

Sycomore / S.T. (Celebration/VES 725S/-)
[AOR/SSW/CCM]

オクラホマのCCMバンド。
シカモアと読むのでしょうか。
聖書に出てくる古代の植物の名称のようですね。

写真では分かりづらいのですが、
ジャケットにエンボス加工された植物がきっとそれなのでしょう。

ジャジーなフォークロック/AORで、全体的に粒ぞろいの内容です。

ちょっとCCM的な感じの女性ボーカルですが、
個人的にはそのあたりも含めて好きな感じ。

ローズピアノのイントロもステキ。

ari


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。