+antsvillage+

categories
archives
comments
links

KYYX-FM Seattle Grown

Mon.29.09.2008
4 comments



KYYX-FM Seattle Grown
V.A. / KYYX-FM Seattle Grown (O'day/KYYXPROMO1/1978)
[FreeSoul/BES/Rock]

シアトルのラジオ局KYYXのコンピレーション。

フリーソウルからシンセポップ、ハードロックまで。

ブルーアイドソウル・AORのA2「Love Be Kind」と
フィメール・フリーソウルのB4「Get Of The Phone」がなかなかの出来。

AMSクラシックス。

ari

Ingmar Johansson

Sat.27.09.2008
0 comments



Ingmar Johansson Onskar Jag Kunde Fangsla Ditt Ora
Ingmar Johansson / Önskar Jag Kunde Fängsla Ditt Öra (Prim/570.341/1977)
[AOR/CCM/FreeSoul]

スウェーデンのレリジャス系シンガーソングライター、
イングマール・ヨハンソンの77年作ファーストアルバム。

ふわっとメロウ。
曲によってほんのりジャジーだったりファンキーだったり。

オフィシャルサイトはこちら

ari

MacDonald & Crea

Fri.26.09.2008
0 comments



MacDonald & Crea Let's Take It Easy
MacDonald & Crea / Let's Take It Easy (MadCrew/SP008/-)
[SSW/Folk]

カナダのシンガーソングライターデュオ。
レコーディングはトロント周辺、オンタリオ州オークヴィル。

暖かくて優しい印象のアルバムです。

もうすぐ9月も終わり。
カナダはそろそろ冬支度。

ari

Pilgrimage Band, The

Thu.25.09.2008
0 comments



Pilgrimage Band, The Livin' On Airport Freeway
Pilgrimage Band, The / Livin' On Airport Freeway (private/-/1978)
[preAOR/SSW/Folk Rock]

テキサスのレリジャス系フォークロックグループ。
いなたさと洗練さが絶妙にブレンドしたステキなアルバム。

特に下記3曲が抜群。

ラストの高揚感が心地よい16ビートナンバーA2「The Keeper」
メロウなプリAORのB3「The Gamble」
ハワイっぽさを感じるポップなA3「Sunshine」

ちなみメンバーのJim Newtonが、
80年のソロ作で「The Keeper」をセルフカヴァーしてますが、
ボーカル、アレンジともども残念な出来ばえ。。

ari

Polyjesters, The

Tue.23.09.2008
0 comments



Polyjesters, The Kitchen Radio
Polyjesters, The / Kitchen Radio
(ChateauValleau/CVCD004/2008)
[Good Time/Neo Swing/Rock]

カナダのスウィングバンドPolyjestersの新譜。
いつもよりもポップな印象ですが、やはりさすがの出来ばえ。

「Tuesday」を筆頭に粒ぞろい。

ただ、最高傑作はやっぱりファースト『The Orange Album』。

ari

David Bradstreet

Mon.22.09.2008
0 comments



David Bradstreet
David Bradstreet / S.T. (A&M/9026/1977)
[SSW/Folk]

カナダのシンガーソングライターのデビューアルバム。

AORファンには2作目「Dreaming In Color」の方が
知られてますが、個人的にはこちら。

フォークだったり、ポップだったり、ロックだったり。

グッドタイムなA5「Main Street Soliloquy」や
preAOR/SSWナンバーのB1「Waiting This Long」がステキ。

ari

Powerful People

Mon.22.09.2008
6 comments



Powerful People (Little Girl) Say Yes
Powerful People / (Little Girl) Say Yes (Epic/8-50390/1977)
[FreeSoul/ModernSoul]

フリーソウルファン向けのモダンソウル。
爽やかなボーカルに、カッティングギターがステキな1曲。

SuperchargeやSmoke、Babe Ruthといった
フリーソウル寄りのブルーアイドソウルが好きな人に。

12inchもあります。

ari

Jim Krueger

Sat.20.09.2008
2 comments



Jim Krueger Sweet Salvation
Jim Krueger / Sweet Salvation (CBS/JC 35297/1978)
[AOR/Rock]

DFKの一人Jim Kruegerのソロ作。

なんてことないポップロックなアルバムのため、
ちょっと見過ごされがちですが、
1曲ステキなAORやってます。

B5「Last Call」

クール&メロウ。

ari

Phase 7

Fri.19.09.2008
0 comments



Phase 7 Playtime
Phase 7 / Playtime (Broad/BRS1008/1980)
[Hawaii/AOR/BES]

ハワイのダンスフロアバンドのデビューアルバム。
ソウルファンには以前よりParamourで知られたレーベルから。

もう10年程前になるのですが、
AOR Nightというとても素敵なイベントがあって、
そこではじめて聴いたA3「Could It Be Love」にキュン。

その他、ミックステープアイテムの「Sweet Love」は次作に。

ari

Tropical Flame

Fri.12.09.2008
0 comments



Tropical Flame Let's Party!
Tropical Flame / Let's Party! (Tropical Flame/TFCD-104/1993)
[Hawaii/AOR]

90年代のハワイアンコンテンポラリー。
企画物っぽい感じですが、実際はどうなんでしょう。

Tender Leafの人気曲、
「Beautiful Hawaii Kai」と「You Are My Love」の2曲をカヴァー。

どちらもジャケットの印象とは違ってなかなかの出来。
特に後者は、オリジナルよりもこちらのテイクの方が良い感じです。

その他は、ディスコとジャワイアンにポップス。

ari

Mary Flower

Mon.08.09.2008
0 comments



Mary Flower Cookin' With Flower
Mary Flower / Cookin' With Flower (Bare/BR-3364/1982)
[SSW/AOR/Rock]

コロラドの女性シンガーソングライター。
ブルース・カントリーロック寄りの楽曲が中心のアルバム。

A1「Best Of Freiends」は
マイナー調のイントロから一転、ジャジーなアレンジのAORへ。

クール&ファンキーなブルースロックの
B1「Street Snakes」やB4「Cryin' Over You」もなかなか。

オフィシャルサイトによると今でも現役のようですね。

ari

Robert David

Sat.06.09.2008
0 comments



Robert David
Robert David / S.T. (RCA/LSP4859/1972)
[SSW/Folk]

繊細なボーカルのシンガーソングライター。

まったりしっとり、
A1「Close To Me」

ちょっとしんみり、
B2「Liza」

そして、うとうと。
B4「Morning At Hancock」

ari

Bob Ruzicka

Fri.05.09.2008
0 comments



Bob Ruzicka Landfall
Bob Ruzicka / Landfall (Mustard/M1002/1979)
[SSW/AOR]

MCAやRCAから数枚アルバムをリリースしている、
カナダのシンガーソングライター。

本作は6枚目のアルバムみたいです。
レーベルはFootlose、Tim Feehan初期と同じMustard。

メロウなサックスがAOR的な
A2「Lovers And Strangers」がいいですね。

陸が見えたぞ。

ari

Nasza Basia Kochana

Mon.01.09.2008
4 comments



Nasza Basia Kochana
Nasza Basia Kochana / S.T. (Muza/SX1926/1975)
[Pop Vocal/Jazz/Brazil]

ポーランドのボーカルグループ。
アルバム通して素晴らしい内容。

ただおしゃれなだけじゃないのです。
A6「Gniewna Piosenka Muminka O Lecie」
で聴けるオリジナリティー。

アートワークも含めて、これぞ名盤。

ari