+antsvillage+

categories
archives
comments
links

Phillip Francis Stumpo

Sun.28.12.2008
2 comments



Phillip Francis Stumpo One Man Circus
Phillip Francis Stumpo / One Man Circus (Billetdoux/-/1978)
[AOR/BES/FreeSoul]

ちょっと照れくさそうにポーズをきめるアフロおじさん。

ライトメロウなAOR・ブルーアイドソウルの名盤です。

すべてオリジナルですが、
どの曲も素晴らしい出来栄え。

あちらの方では突っ込み所満載なこんなのもあるみたいです。

ari

Auction 04 [終了]

Sun.28.12.2008
0 comments



Yahoo!オークション終了いたしました。

----------------------------------------
Abraham and Moses / 'til You come in ...
David Baroni / From The Heart
Jim Hiller / Just Like Me
Lew Jones / Rain On The Marshlands
Nonoy Zuniga / Much More
Ray Valera / Naaalala Ka
Roger Henderson / Secrets In Your Eyes
----------------------------------------

みなさま今回も誠にありがとうございました。
またの機会、どうぞよろしくお願い致します。

ari

Jesse Davis

Fri.26.12.2008
0 comments



Jesse Davis Just Jesse
Jesse Davis / Just Jesse (Essence/ER-3856/-)
[Vocal/Jazz/FreeSoul]

ラスベガスからマイアミ、そしてシドニーやパリなど
幅広く活動していたラウンジシンガー。

カヴァー曲中心の3枚目のアルバム。

オスカーブラウンJr.のA1「Brother Where Are You」は
グルーヴィーなソウルジャズ。

メロウなフリーソウルのB2「It Takes Loving」は自作。

ラウンジボーカル的な所で
好みが分かれるかと。

ari

Joyous Celebration, The

Mon.22.12.2008
0 comments



The Joyous Celebration Jesus Style Songs
Joyous Celebration, The / Jesus Style Songs (Augsburg/23-1655/1974)
[CCM/Folk/SSW]

前回紹介した77年のアルバムでは、
フリーソウル・AOR寄りのソフトロックコーラス物を数曲やってましたが、
74年の本アルバムでは、39曲(!!)もの
フォーキージーザスソングを聴かせてくれます。

録音はミネアポリスsound80。

30秒前後の曲も多く、ちょっとしたジングルみたいな感じも。

クリスマスに向けて、あちらの気分にどっぷり浸ってみるかな。

ari

Joyous Celebration, The

Sat.20.12.2008
0 comments



The Joyous Celebration No Substitute
Joyous Celebration, The / No Substitute (praise/PRS356/1977)
[CCM/Soft Rock]

このジャケットに限らず、
疾走している人のシルエットを見ると甦る。

学生の頃に観たアート・パフォーマンス
Dumb Type [S/N]

古橋悌二がなくなってもうすぐ15年。

Dumb Typeが夢見た社会に
少しは近づいたのだろうか。

-No Substitute-

ari

John Brainard

Sat.13.12.2008
0 comments



John Brainard Pipline Revisited
John Brainard / Pipline Revisited (BoneChina/-/1978)
[Folk/Loner/SSW]

クール&メロウなフォーキー・シンガーソングライター。

ドラムレスでアコースティックギター中心のシンプルな構成。

環境保護を訴えたアルバムなのかも。

寒い冬はこれからが本番。

ari

Randoy

Fri.12.12.2008
0 comments



Randoy
Randoy / S.T. (Kimo/-/-)
[Pop Vocal/AOR/Good Time]

ラウンジシンガーのフィリップ・ランドを中心としたトリオ。
レコーディングはシアトルで、
カヴァー曲中心のアルバム。

名曲カヴァーのA1「I Won't Last a Day Without You」や
A5「I'd Really Love To See You Tonight」はAORファン向き。

メドレーのB6「Cabaret/Gimme That Wine」は
ちょっと酔い足りないかも。

ari

Polyjesters, The

Thu.11.12.2008
0 comments



Polyjesters The Orange Album
Polyjesters, The / The Orange Album (ChateauValleau/-/1999)
[Old Time/Swing]

やっぱりこの時期はオールドタイムな曲がピタッ。

Susie Arioliの新譜もリリースされたみたいですし。

みかんも食べごろ。

ari

Aureus

Sun.07.12.2008
0 comments



Aureus Goin' Up
Aureus / Goin' Up (Riff/Sp61075/-)
[Jazz/AOR/Vocal]

USローカルのジャズ/AORバンド・オーリアス。

マントラ系コーラススウィングやシーウインド風AOR、
ジノバネリのカヴァーもありで、いいとこどりなアルバム。

7人組のため分厚くしっかりとした印象です。

今の時期はB3「Soon It's Gonna Rain」やA3「Sam the Bebop Man」の
スウィング/ビバップが雰囲気。

ari

Living Sound

Thu.04.12.2008
0 comments



Living Sound Let Your Spirit Sing
Living Sound / Let Your Spirit Sing (private/LS7044/1977)
[FreeSoul/CCM/SoftRock]

オーケストラのアレンジャーやプロデュースもこなす
ピアニスト・ラリーダルトン中心のコーラスバンド。

数枚のアルバムをリリースしてますが、
フリーソウルファンにはこのアルバムかと。

ホーン入りのA1「I Could Never Live Without Jesus」と
ミディアムのB4「I Will Lift You Up」がなかなかのフリーソウル。

同一の内容で大手レーベルLightからもリリースされてます。

ari