+antsvillage+

categories
archives
comments
links

スポンサーサイト

--.--.--.--



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rio Pardo

Fri.30.01.2009
2 comments



Rio Pardo
Rio Pardo / S.T. (Bendo/-/-)
[JazzVocal/FreeSoul/AOR]

「ジャズボーカルものだけど。」って
聴かせてもらったんですが…
これが最高のメロウフィール。

A3「I've Got It Bad」を筆頭に
アルバム通してフリーソウル・AORファン向けかと。

枯れたボーカルも味わい深い、
ビタースウィートな名盤。

ari
スポンサーサイト

Chaplin Band, The

Thu.29.01.2009
0 comments



Chaplin Band, The Grandmother's Airpig
Chaplin Band, The / Grandmother's Airpig
(PAPAGAYO/PAPL-2602/1979)
[Funk/Rock/FreeSoul]

オランダのファンク・ロックバンドで、
レアグルーヴ、変り種。

Weldon Irvineの大ネタ「We Getting Down」っぽい
ファンク・ロックナンバーB1「Do It」収録ってことで。
ただ、似てるのはイントロだけで、
それ以降はダサめなポップロック。

同じく、A5「I'm Gonna Start A New Life」もさびでズッコケ。

ただ、A2「Be My Sunshine」のフリーソウルはそこそこ聴けるかも。

ちなみにフリーソウルファンには、
82年の「Dancing On Townsquare」が人気です。

あくまでもB級ってことで。

ari

Milton Wright

Wed.28.01.2009
2 comments



Milton Wright Friends and Buddies
Milton Wright / Friends and Buddies (Alson/4401/1975)
[Soul/Funk]

アコースティックかつスペイシー。
硬質で浮遊するグルーヴ。

最近セカンドがリイシューしましたが、
レアグルーヴ的な黒い音を求める方は
やはりこちらのアルバムではないかと。

ステッカーが貼られた
なぜか裏返しのシュリンクを
時折たまらなく剥がしたくなる。

そんな衝動と十年以上格闘し、
ここ最近やっと落ち着く。

ari

Meters, The

Tue.27.01.2009
0 comments



Meters, The Struttin
Meters, The / Struttin (Josie/JOS4012/-)
[Funk/Soul]

言わずと知れたニューオリンズ・ファンクの名盤。

当時はインターネットもなく、
レコード店もぴりりとした雰囲気だったので、
試聴なんてもってのほか。

当然ジャケ買いが多く、
本アルバムもこのやりそうなジャケットが決め手で購入。

卒業制作のBGMにも使用した思い出深い1枚。

ari

Malone & Barnes and Spontaneous Simplicity

Sun.25.01.2009
2 comments



Malone & Barnes and Spontaneous Simplicity
Malone & Barnes and Spontaneous Simplicity / Freedom Serenard
(Humpin/H.I.77001/1977)
[JazzFunk/Soul]

今週末にリリースされるRARE GROOVE ディスクガイドに向けて、
私的レアグルーヴ週間。

といってもレアグルーヴ関連は学生の頃に手を出して以降、
最近はぱったり。

このアルバムも、学生の頃に購入したもの。

当時は今ほど高くはなく、
アフリカンなジャケットと
A4「Moonstruck」のイントロが
たまらなくレアグルーヴだなぁっと。

最近になって、Blackbyrds関連と知って納得。

メロウソウルもステキな
アルバム通して楽しめる名盤。

ari

Lillebjørn Nilsen

Sun.25.01.2009
0 comments



Lillebjorn Nilsen Original Nilsen
Lillebjørn Nilsen / Original Nilsen (VR22313/1982)
[AcousticSwing/SSW/FreeSoul]

スウェーデンのフォーキー・シンガーソングライター。

グッドタイムナンバーの
B4「Se Alltid Lyst Pa Livet」がなかなか。

同じ路線でアコースティック・スウィングのA1「Tanta Til Beate」も。

フリーソウルファンには、
ポップサンバのB1「Nei Hew York」がいけるかも。

ari

Peter Elizalde

Wed.21.01.2009
0 comments



Peter Elizalde Winter Playground Mystery
Peter Elizalde / Winter Playground Mystery (private/PE717482/1982)
[SSW/Rock/Pops/AOR]

大寒だったそうですね。
というわけで冬用のアルバム。

おもちゃ箱みたいなステキなウィンターポップスが数曲。

特にA2「Winter Reflexions」は
AORファンもいけそうなキラキラ・ポップロック。

おそくなったクリスマス。

ari

Tillie Moreno

Tue.20.01.2009
0 comments



Tillie Moreno Steppin' Out
Tillie Moreno / Steppin' Out (Wea/WP-94,008/1978)
[AOR]

フィリピンのフィメールシンガー・ティリーモレノ。

ソウルフルなボーカルの正統派AORアルバムです。

メロウなデュエットナンバーのB3「Two Fools」は
線の細い男性ボーカルとの
しっとりとした掛け合いが絶品。

時代を反映したアートワークもそろそろ一回り?

ari

Cross Winds

Mon.19.01.2009
0 comments



Cross Winds Murder At Midnight
Cross Winds / Murder At Midnight (E.R.C/10099/1977)
[FreeSoul/FunkyRock/Fusion]

シアトル周辺のロックバンド。

アルバムタイトルからは想像できない
爽やかカッティングのフリーソウルが1曲。

A4「Dance Dance Dance」

その他はファンキーロックとスペイシーなシンセフュージョン。

ari

Wally Schilling

Fri.16.01.2009
0 comments



Wally Schilling Don't You Wanna Know Him?
Wally Schilling / Don't You Wanna Know Him?
(ComMission/CMP2420/1976)
[SSW/AOR/CCM]

バージニア州のレリジャス系シンガーソングライター。
いかにもクリスチャンといったやさしい印象のアルバム。

ポップでメロウでちょっとおふざけ。
けどしっかりクリスチャン。

Steve Eatonのファーストを
エレピでメロウにした感じ?

個人的には通して楽しめるアルバムです。

間違いなく、いい人。

ari

Tok And Jania

Mon.12.01.2009



Tok And Jania Committed
Tok And Jania / Committed (J&J/KM12882/1984)
[Hawaii/CCM/SSW/Folk]

またひとつ歳をとった。

今日のための曲を聴く。
じっくりと。

「33rd Birthday Song」

抑揚を抑えたメロディー。
祈るように。
粛々と、淡々と。

祝詞のような曲。

10年後も変わらない曲。

「どんな10年だった?」

とりあえず
Happy Birthday!

ari

John Finnigan

Tue.06.01.2009
0 comments



John Finnigan Way Up The Sky
John Finnigan / Way Up The Sky (MidEar/ME83-12/1983)
[AOR/Contry/Rock]

テキサスのカントリー系シンガーソングライター。

カントリーからアメリカンロック、NW的な曲まで
ぱらついた印象のアルバムですが、
メロウなAOR的ナンバーが1曲。

A4「Lost In Our Dreams」

少し硬めなギターとシンセの音色で好みが分かれるところ。

ari

Jewel

Mon.05.01.2009
2 comments



Jewel Cut'n' Polished
Jewel / Cut'n' Polished (Erect/ESLP303/1982)
[Soul/Funk]

宝石という名前のなんとなくおめでたいボーカル&インストグループ。

E,W&Fをもうちょっと濃くした印象。

A3「Song Of Life」や
B1「You're So Jealous」
あたりのミディアムがステキ。

名曲「After The Love Has Gone」っぽい
A2「We Cannot Say Good-Bye」なんかも。

ari

Ford & Angel

Sun.04.01.2009
0 comments



Ford & Angel You Can't Have Everything
Ford & Angel / You Can't Have Everything (Montagne/CS8202/1977)
[Vocal/Jazz/Funk]

おふざけ+ロールスロイスに
華やかスウィングナンバーがなんとなくおめでたい一枚。

Andy AngelとFrankie Fordのデュオ。

なんといっても高速スウィングナンバーの
A1「You Can't Have Everything」

ローキーのテーマ・A4「Rocky - Gonna Fly Now」や
ハービー・ハンコックのB1「Chameleon」は
結構まじめなジャズファンク。

B4「Chicago/My Kind Of Town」なんかも。

ari

White Horse

Sat.03.01.2009
4 comments



White Horse
White Horse / S.T. (Capitol/ST-11687/1977)
[SSW/Rock]

あけましておめでとうございます。

ブログを初めて1年半で約200枚。
2,3日に1枚ぐらいのペースで紹介してるみたいですね。

今年も同じような感じで
ちょこちょこと更新できればいいなぁっと思ってますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ari


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。