+antsvillage+

categories
archives
comments
links

Savanna

Sat.30.05.2009
4 comments



Savanna Straight At The Sun
Savanna / Straight At The Sun (Adventure/1001/1977)
[SSW/Rock]

サバンナ高橋の持ち込み企画で
OPP(おなかピーピー)芸人というのをやってた。

実のところ、私も長年OPP。

脂っこいのとか食べるとすぐPP。
牛乳なんてもってのほか。

数年前、車の運転中に大波が来たことがあって、
あえなく漏水。

ま、汗みたいなもんですよ。

そんな話に似合わず、
こちらのサバンナはいたって爽やか。

ari

Savanna Silver Band

Fri.29.05.2009
0 comments



Savanna Silver Band Pure Silver
Savanna Silver Band / Pure Silver (Chanpagne/CHA7001/-)
[Funk/Rock]

引き続きオーストラリアのファンクバンド。

リードボーカルのマイケル・サヴァンナ・シルバーを中心とした大所帯。
タイトル・ジャケ違いで別のレーベルからも出てますね。

関係ないですが、
最近ようやくサバンナ八木の面白さがわかる。

高橋の方は文句なく、安定した実力。
八木の方はどちらかというとスベリ芸?

いやいや、実はかなりの腕前かと。

ari

Pantha

Thu.28.05.2009
0 comments



Pantha Dowaydo Dowaydo
Pantha / Dowaydo Dowaydo (Wizard/ZL212/1975)
[Rock/Funk]

ホットシティーバンプバンドに引き続き
オーストラリアのファンクロックバンド。

レーベルも同じウィザード。

レアグルーヴ度はホットシティーバンプバンドよりも高いかも。

ただロック色も強め。

ドラムは打ってますが。

ari

Hot City Bump Band

Wed.27.05.2009
0 comments



Hot City Bump Band Come Together
Hot City Bump Band / Come Together (Wizard/ZL207/1974)
[Soul/Funk/Rock]

オーストラリアのファンクバンド。
最近このアルバムのファンク系楽曲が人気みたいですね。

個人的には下記メロウグルーヴ。

A6「Have You Ever Tried It」
B3「Let's Fly」

前者はアシュフォード・シンプソンのカヴァーですが、
オリジナルより粗めな感じがステキ。

ari

Step'in Out

Tue.26.05.2009
0 comments



Step'in Out Another Happy Customer
Step'in Out / Another Happy Customer... (Monarch/MON031/1983)
[FreeSoul/AOR/Fusion]

UKのフュージョン系マイナーロックバンド。

A1「One More Star」は
エレピが効いてるポップなフリーソウル。

B2「Another Happy Customer」は
スティーリーダンっぽさもあるAOR。

ファンク系ロックナンバーの
B4「Get Your Troubles On the Run」は
同じUKのスーパーチャージあたりに通じる印象。

自主制作のCDもあるみたいですね。

ari

Rani Arbo & Daisy Mayhem

Mon.18.05.2009
0 comments



Rani Arbo & Daisy Mayhem Cocktail Swing
Rani Arbo & Daisy Mayhem / Cocktail Swing
(Signature/SS1267/2001)
[Old Time/Swing]

先週、久しぶりに飲み会があった。

以前担当したテレビの仕事が、
ちょっとした賞をいただいたみたいで、
そのお祝い。

普段、お酒はほとんど飲まない。
1,2ヶ月に一度だけ
缶ビールを1,2本飲む程度。

飲むこと自体は好きなんですけど、
飲んだ後に頭痛と関節痛がきちゃうので。

どうやら痛風みたい。

なので、その日もちびちびと。

安上がりでいいですけどね。

ニューヨークのスウィングバンド
ラニーアーボとデイジーメイヘム。

3枚アルバムをリリースしてますが、
なんといってもこのファーストが絶対。

ari

Lee Fernandez & Brothers

Sun.17.05.2009
0 comments



Lee Fernandez & Brothers Hapa
Lee Fernandez & Brothers / Hapa (LEBRO/100/-)
[Hawaii/Pop Vocal]

ハワイのポピュラーシンガー。

タイトルの『Hapa』ってハワイ語でハーフって意味だそう。
Hi-Fiレコードのリストで知りました。

なんといってもボッサボーイとポップンガールの
B2「Maui Boy / Maui Girl」がステキ。

その他、おなじみカヴァーの
A1「Falling In Love」、A5「Quando, Quando」あたりも。

ari

Expression

Sat.16.05.2009
0 comments



Expression
Expression / S.T. (private/1005/-)
[Pop Vocal/BES]

仕事でエクスプレッションをよく使う。

もちろんこのアルバムのことではなく、
簡単な数式のこと。

テレビや映画などで使われるCGの制作で、
一日中コンピューターと向き合い、
納品日に追われる仕事。

エクスプレッションはCGを描く際に、
便利な仕組みを作るための必須機能。

複雑な作業を簡単にしてくれたり、
難しい作業を楽にしてくれたり
どんなCG映像にも必ずといってもいいほど使われている。

なのでピクサー作品に代表される愛らしいキャラクターも
実はいろいろな数式が裏側に隠れてるんです。

こちらのエクスプレッションはというと、
ラスヴェガス周辺で活動してたステージ系バンド。

同名タイトルなので、
ファーストアルバムっぽいですが、
実際は後年のアルバムで、
初期の頃よりも幾分洗練された印象。

聴き所はA1「I Believe in Love」で、
フリーソウルファンにもいけそうなアレンジのカヴァー。

ari

Babadu!

Wed.13.05.2009
0 comments



Babadu!
Babadu! / S.T. (Hanaiia/H1108/1979)
[Hawaii/AOR]

数年前から所々でささやかれていたCD化。
とうとう実現するみたいですね。

やさしく揺れるスウィートな歌声を
さらにオーバーダビングしたメロウネス。

ビリー・カウイとレミュリアのカヴァーは言わずもがな。
数曲のオリジナル曲がこれまたステキで、
特にA1「We're Not to Blame」なんて生涯の名曲かと。

今回のCD化を契機に
またシーン全体が少しでもにぎやかになるといいですね。

ari

Swing Soup

Tue.12.05.2009
0 comments



Swing Soup
Swing Soup / S.T. (-/-/2001)
[Old Time/Swing]

料理の時の灰汁取りって
今までなんとなくやってたけれど、
意外と面倒。

実のところ、
なぜ灰汁取りをするのかも
よくわかっておらず。

案外、やらなくっても
そんな変わらないんじゃないかと
思ってみたり。

それで、灰汁、舐めてみることに。

結論
灰汁はしっかり取りましょう。
面倒がらずにね。

ari

Richard Tann

Sun.10.05.2009
2 comments



Richard Tann Heart and Soul
Richard Tann / Heart and Soul (ERA/RTL-001/1982)
[AOR/FreeSoul]

フィリピンのポピュラーシンガー。

数曲で作詞・作曲もやってるみたい。

AORファンには、この2曲。

フルート入りでブライトなAOR・フリーソウル
A2「Love Has Something New For You」

抑えたカッティング・ギターがステキなAOR
B4「Real Love」

タイトルどおり、どちらも英詩です。

ari

Sweet Thunder

Sat.09.05.2009
0 comments



Sweet Thunder
Sweet Thunder / S.T. (Fantasy/F-9547/1978)
[Soul/Funk/Fusion]

今朝、カミナリで目が覚めた。

雨の日は、だいたい頭痛。

どうやら気圧変化のせいみたい。

気圧が下がると血管が収縮して
頭が痛くなるらしいです。

クラシックスB1「Everybody's Singin' Love Songs」入りの
セカンドアルバム。

ブリージンナンバーのB2「Keep On Growin'」や
メロウなA1「Baby I Need Your Love Today」など
他の曲もなかなかの粒ぞろい。

ari

Commodores

Fri.08.05.2009
0 comments



Commodores Movin' On
Commodores / Movin' On (Motown/M6-848S1/1975)
[Funk/Soul]

地元でSLが走りはじめた。

その名もSL人吉。

もともとJR九州では
あそBOYという名で
SLが走っていたけれど、
老朽化のため運転休止。

その後、新製や修復を経て
このたび復活となったそう。

水戸岡鋭治デザインの客車もステキで、
ぜひとも乗ってみたい。

人吉で旅館を営む実家では、
このSLにかこつけて、
こんなのも考えてるみたいです。

ari

Dan Newton's Cafe Accordion Orchestra

Thu.07.05.2009
0 comments



Dan Newton's Cafe Accordion Orchestra On Holiday
Dan Newton's Cafe Accordion Orchestra / On Holiday
(-/DN0034/1999)
[Old Time/Swing]

前からうすうす気づいてたんですが。

長い休みが終わるときの
あのなんともいえない寂しさって、
休みがまったくなかった人にも
平等にやってくるんですよね。

平等だけど不公平。

こうなったら「Angry」でも聴くしかないな。

ari

Lenny Williams

Wed.06.05.2009
2 comments



Lenny Williams Taking Chances
Lenny Williams / Taking Chances (MCA/5253/1981)
[Soul/Funk]

飛行機が苦手。

昔は普通に乗れたけれど
ここ数年はまったくダメ。

社員旅行では、
羽田までいったにもかかわらず、
気分が悪くなってそのまま居残り。

同級生の結婚式では、
友人みんなで予約するも
帰りは一人キャンセルし、
新幹線で帰京。

せめてパラシュートでも
着けさせてくれれば。

ari

American Peddlers

Mon.04.05.2009
0 comments



American Peddlers Once Upon A Rock
American Peddlers / Once Upon A Rock (AmPed/AP1003/1977)
[Rock/FreeSoul]

テキサスのマイナーロックバンド。

ブラスロック的な厚みのある音で、
GoodnessやForestみたいなフリーソウルを
2曲やってます。

A6「Zabra」
B3「Eberle Park」

基本はロックなので、
やや男気なボーカルだったり、
ロックなギターソロがあったりなんですが、
概ねいけるのではないかと。

ari

Sweet Blindness

Sun.03.05.2009
0 comments



Sweet Blindness Energize
Sweet Blindness / Energize (Quality/SV1943-V/1977)
[FreeSoul/Funk]

ここ数日、ぽっかぽか。

A1「Sunshine, Sunshine」で陽気にハッピー。

ゴールデンウィークのお休みは
一日もないんですけれど。

ari

Mike Scott

Sat.02.05.2009
2 comments



Mike Scott Arizona Light
Mike Scott / Arizona Light (Mornin' Breeze/ERK-0603/1978)
[AOR/SSW/BES]

グルーヴィーなブルーアイドソウルの
A1「Get It Off Your Mind」で幕をあける
シカゴのシンガーソングライターのレア盤。

レコーディングは76年から78年までの2年間。

前述のグルーヴィーダンサーから、
ハワイ系AORにも通じるボッサリズムの
アコースティックAORや、
同系統のブリージンナンバー。

シンセ入りで洗練度高めのAORや、
ダーク&メロウなバラードまで、
すべてオリジナル曲ながら、
素晴らしい出来ばえ。

ロン・ファーをもう少しアコースティックにした印象なので、
そのあたりが好きな方は必聴のアルバムかと。

ari

Jimmy Bowman

Fri.01.05.2009
0 comments



Jimmy Bowman Where to?
Jimmy Bowman / Where to? (Penny/P-4101/-)
[Vocal/Jazz]

ミネソタのジャズ系ピアニストの人気盤。

味わい深いボーカルを聴かせてくれて
そこが魅力。

クールでソフトなアコースティック・ボッサの
A2「Yes, I Know When I've Had It」が絶品。

その他、メロメロなボーカル曲や、
カリプソ風ナンバーなんかもステキ。

マーティン・ヤーブロウが好きな方は特に。

ari