+antsvillage+

categories
archives
comments
links

スポンサーサイト

--.--.--.--



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gloria Bare

Thu.30.07.2009
0 comments



Gloria Bare From The Heart
Gloria Bare / From The Heart (JWP/1174/-)
[AOR/Vocal/Soul]

AOR~ライトソウル系の女性シンガー。
プロデュースはH.B.バーナム 。

B4「Music to Make Love By」は
同じH.B.バーナムプロデュースの
O.C.スミス『Love Changes』にも通じるアレンジ。

その他、B3「Two Side To A Woman」は、
レイ・パーカーJr.参加のブリージンナンバー。

ari
スポンサーサイト

Richard Clapton

Sun.26.07.2009
0 comments



Richard Clapton Girls on the Avenue
Richard Clapton / Girls on the Avenue (Infinity/L35508/1975)
[SSW/Rock/FreeSoul]

いろいろとあわただしい日々が続いております。

オーストラリアのシンガーソングライター。

垢抜けない印象ですが、
1曲フリーソウルやってます。
A5「Burn Down Your Bridges」

ari

Moon

Mon.20.07.2009
0 comments



Moon Turning The Tides
Moon / Turning The Tides (Epic/82084/1977)
[Jazz Rock]

もうすぐですね。
皆既日食。

裸眼ではもちろんのこと、
サングラスや黒い下敷きなんかでも
駄目だって知ってました?

日食グラスっていう専用のめがねじゃないといけないそうで、
これが、なかなかの品薄らしいです。

で、このことを知ったのは結構前なんですが、
へなっとした割には、そこそこの金額で。

当日雨降ったら無駄だなぁってことで、
とりあえず保留に。

今となっては入手はちょっと難しそう。

次回はどうやら26年後みたいなんで、
それまでには、なんとか。

ari

Hawaii

Sun.19.07.2009
0 comments



Hawaii Out Of The Dark
Hawaii / Out Of The Dark (FlyingIsland/09010/1980)
[Hawaii/Rock]

ここ数日の雑記。

見ましたよ。
モヤモヤさま~ず2inハワイ。

いつもよりモヤモヤ度は低かったものの、
さすが楽しめる内容。

ドラクエは発売日に到着するも、そのまま放置。

DISCASの方はただいま『葵徳川三代』。
津川雅彦、西田敏行を筆頭に俳優がほんとすばらしい。

ネットで購入したレコードが、間違って到着。
どうやら他の方とミックスしたみたい。

お休みは残念ながら無し。

ari

Bob McCall

Thu.16.07.2009
0 comments



Bob McCall Match Book
Bob McCall / Match Book (Fortress/FRM-1000/1978)
[SSW/AOR/Country]

ナッシュビル録音のカントリー系SSW。

マッチブックとは紙マッチのことみたい。

そうそう。
私、ちょっとしたタバコアレルギーなんです。

7,8年前までは普通に吸えたのですが、
ある時から、激しい頭痛と吐き気がおそってくるようになって、
それ以降、全くだめ。

1本でも吸うと1、2時間ほど苦しんだ後ぐったり。

なので…

「ステキな音楽が流れるの中、
紙マッチの音と共に漂う香りを楽しみ、
1本のタバコに火をつける。」

といった最高に幸せな行為は、
おそらくもう二度と味わうことができないのでしょう。

で、件のアルバム。

1曲だけ、ほんのりジャジーでグルーヴィーなAORをやってます。
A4「The Love You've Been Waiting For」

その他は、メロウなSSWナンバーの
B5「The Only Natural Thing I Do」あたり。

ari

Les Enfants De Dieu

Sun.12.07.2009
0 comments



Les Enfants De Dieu Liberty
Les Enfants De Dieu / Liberty (Philips/6325 149/1975)
[FreeSoul/CCM]

いろんな国にCCMというものはあるようで、
こちらは、フランスのCCMバンド。

英名はChildren of Godだそう。

聴き所は下記1曲。

A2「Lovelight」

幾分男気ボーカルのエレピ入りフリーソウルで、
音の感じは、なんとなくこちらに近い印象。

神の子とテキーラじゃ、全くの別物なんですが。

ari

Dragon

Sat.11.07.2009
0 comments



Dragon Best Sound
Dragon / S.T. (BestSound/34126/1981)
[Rock/AOR/Synth]

いよいよですね。

ドラクエの新作です。

もちろん予約しましたよ。
DSiと一緒に大人買い。

ドラクエ世代ど真ん中なので。

そういえば大変でしたね。
復活の呪文。

折込チラシの裏に
びっしり書き留めて。

うちは3人兄弟で、
だれか間違ってもいいように、
別々に書き留めてたんですが、
たまにみんな間違ってたりして。

で、ひとつの前の復活の呪文を探すんですが、
これが捨てられたりしてて。

ドラクエ喜怒哀楽。

さ、あとはやる時間を手に入れなければ。

ari

Bautista

Fri.10.07.2009
0 comments



Bautista The Heat Of The Wind
Bautista / The Heat Of The Wind (ABC/1071/1978)
[AOR/Fusion/Rock]

昨日ごまかした政治関連の記事。

さて、今日こそは。

とりあえず、選挙の時に風がどうのこうのと言ってたのを思い出し、
そちら方面をあたってみる。

CrosswindCross WindsTradewindWindfire
Charmer『Only The Wind』などは取り上げ済み。

その他、SeawindにWindrose、Crystal Windsや
Chuck Kruger『Windy & Warm』なんかは
ちょっと意味あいが違うかなと。

で、最終選考。
Ernest James Franklin Jr.『Restless Winds』と迷うものの、
なんとなく、件のアルバムに落ち着く。

それにしても、風関連、なかなかの粒ぞろいかと。
他にもいろいろあって、曲名まで含めたらかなりの量。

やはりAOR系のふわっとした音楽には
風みたいな、ふわっとしたものがあうんでしょう。

で、そんなこんなをしてるうちに、
どうやら風向きが変わってしまったようで。

ari

Bobby Baniaga

Thu.09.07.2009
0 comments



Bobby Baniaga Lady Of My Life
Bobby Baniaga / Lady Of My Life (Kaleria/CD9696/1996)
[Hawaii/AOR/Vocal/BES]

都議選が近くなってきたので、
たまには政治の記事でも書こうかと、
何か関連しそうなレコードを探すも
一向に出てこない。

いつもは、大体すぐ思いつく。
なかなか出てこない時はiTunesでキーワード検索。

これで大抵見つかるんですけどね。

きっとAOR系のふわっとした音楽には
そういう俗っぽいものは似合わないんでしょう。

というわけで、
出馬したヤンキー先生の演説風ジャケットでごまかしてみたり。

内容は、カーク・トンプソンプロデュースで、
こってりしつつも、さわやかな印象。

で、肝心の記事の方は、またあらためて。

ari

Al Harris Dick Weaver

Wed.08.07.2009
0 comments



Al Harris Dick Weaver / Star Dreamer
Al Harris Dick Weaver / Star Dreamer (Source/SD-1002/1981)
[AOR/SSW/Freesoul]

七夕だったようで。
すっかり忘れてました。

テレビでは浴衣の特集とかやってて、
とうとう夏だなぁっと。

なんだか、昨今の不況の影響で
各地の花火大会がちょっと寂しい感じになってるみたい。

なんとも、せちがらい。

話は変わって、ネバーランドにM.J.の亡霊が現れたそう。
あらら。

追悼式も行われたみたいなので、
まぁ、ちょっとゆっくりして、
落ち着いたら、ぼちぼちお星様の方にでも。

そうそう、前の会社の同僚に子供が出来たそう。
名前は、星くん。

ari

Marc Jordan

Sun.05.07.2009
4 comments



Marc Jordan Blue Desert
Marc Jordan / Blue Desert (Warner/BSK3362/1979)
[AOR]

ブログで紹介してるレコードやCDは
すべて自分で撮影したもの。

使っているカメラは二つ。

ひとつはコンタックスのSL300RTで完全にデザイン重視。

レンズはカールツァイスだけど、
歪みが大きく、レコード撮影には不向き。
バッテリーがすぐ切れるのが最大の難点で、
スナップショットにも使いづらいという
好きだけど利点の少ないカメラ。

はじめの頃は、ほとんどこちらで撮ってるので、
いい写真が少ないですね。

もう一つはニコンのD90で性能抜群。

黒っぽい光沢のあるジャケットは
すぐ自分が映り込んだりするので、
逆光かつ暗い環境で取れる性能がありがたい。

また望遠での撮影なので、
ゆがみが少なく、
本アルバムのように
縁取りのあるデザインのジャケットに特に有効。

撮り終わったらフォトショップで補正して出来上がり。

あとは腕が良ければ、ね。

ari

Al Nobriga with Island Company

Fri.03.07.2009
0 comments



Al Nobriga with Island Company They're Playing My Music
Al Nobriga with Island Company / They're Playing My Music
(Broad/BRS1010/-)
[Hawaii/AOR/Disco]

ハワイのシンガーソングライター。
ブロードレコードからのセカンドアルバム。

フォーキー・シンガーソングライター然とした
前作アウトリガーホテルでのライブ盤から
バックバンドを引き連れて、
ステージ・バンド色が強くなった印象。

同じブロードからリリースされた
フェーズセブンの人気盤と比べると劣る内容ですが、
なんとなく近い音ではあります。

AORファンにはライトメロウなA3「Break Away」かと。

ari

Simeon

Thu.02.07.2009
0 comments



Simeon
Simeon / S.T. (prise/PRS2010/1976)
[AOR/SoftRock/SSW]

カナダのレリジャス系バンド。

ソフトロック的なハーモニーで
ソフトメロウなCCM系AORサウンドをやってます。

個人的なベストトラックは
ダバダバコーラスのA1「Just The Same」で、
フリーソウル系AOR。

PILGRIMから『At Home』というタイトルが
リリースされてますが、内容は同じ。

ari

Second Image

Wed.01.07.2009
2 comments



Second Image
Second Image / S.T. (Polydor/0299/1982)
[Black Contemporary/80's]

CGの仕事をしてます。

CGといっても、いろいろありますが、
私の場合は、描いたり、撮ったりするのではなく、
作る方のCG。

「CGだとなんでも出来ちゃうんじゃないの?」
って言われたりするんですが、
これが結構大変で。

今でこそ映画などのCGは
実写と見分けがつかないほどですが、
ついこないだまでは、こんなジャケットの感じ。

進歩しましたね。

個人的にCGというものをなんとなく意識しはじめた
映像はふたつ。

ひとつはT2で、公開当時にアメリカで見ました。
英語がほとんど理解できない中、
あの映像だけが脳裏に焼きついて。

そしてもうひとつが、
マイケルの「ブラック・オア・ホワイト」

当時、遊びに行ってたボーリング場でよく流れてたんですが、
例の場面になると、みんな投げるのをやめて見入っちゃう。

きれいなお姉さんからヒゲのお兄さんに変わるところを。

もしかしたら、そんなすりこみが、
この仕事を選んだ一つの要因になってるのかも。

ari


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。