+antsvillage+

categories
archives
comments
links

Haleakala

Tue.31.08.2010
0 comments



Haleakala
Haleakala / S.T. (Rainbow/RRS1072/1972)
[Hawaii/PopVocal]

前回に引き続きカタマランつながり。

そのまんま「Catamaran」っていう
フリーソウル・ライトディスコをやってます。

途中ライトファンクに転調する個性的な曲で、
まさに双胴船ばりの二股感。

アーティスト名はマウイ島にある火山ハレアカラ。

私の由来にも関係するので、
どうしても桜島を思い起こす。

大河ドラマの『翔ぶが如く』や『篤姫』でも
桜島への特別な思いが描かれる。

山岳信仰という大げさなものではなく、
自然を愛し、恐怖し、そして敬う。

そういった感情はきっと世界共通。

ari

Aikane Catamarans

Mon.30.08.2010
0 comments



Aikane Catamarans
Aikane Catamarans / We Are Hawaii... (LOHE/1004/1981)
[Hawaii/Lounge/AOR]

前回に引き続き、
アイカネ・カタマランズ関連。

ゲイリー・シマブクロのプロデュースにより、
垢抜けたアレンジ。

といっても基本はハワイアン・ラウンジバンド。

ちなみにカタマランとは双胴船の事みたいで、
ジャケットの船もよく見ると確かにそれ。

ari

Aikane Ⅱ & Ale Ale Kai Ⅴ Catamaran Boys, The

Sun.29.08.2010
0 comments



Aikane || & Ale Ale Kai V Catamaran Boys, The
Aikane Ⅱ & Ale Ale Kai Ⅴ Catamaran Boys, The / The Live Music from the Moonlight Sail
(HULA/P-22/-)
[Hawaii/Lounge]

8月も残りわずか。

今年もまとまった夏休みは取れずじまい。

船上ラウンジバンドのライブアルバムで、
気分だけでも。

ari

Raydio

Sat.28.08.2010
0 comments



Raydio
Raydio / S.T. (Arista/AB4163/1978)
[Soul/Funk]

radikoの試験期間延長が発表されたそう。

当初の8月31日から3ヶ月延長で、
今年の11月30日まで。

いろいろな問題があるんでしょうが、
是非ともそのまま正式導入して欲しい。

そう、仕事のお供として
欠かせない存在になってしまっているのです。

ari

Heat

Tue.17.08.2010
0 comments



Heat
Heat / S.T. (MCA/3225/1980)
[AOR/Modern Soul]

外にでると熱風が。

今年三度目の猛暑日ピークだったそうで。

先日静岡に行ったんですが、
あちらも暑かった。

むしろ東京よりもむしむししてた印象で、
その分、余計に暑かった。

というわけで、
アーティスト名とは打って変わって爽やかな
A4「Don't You Walk Away」で涼をとる。

そして仕事も熱々。

ari

Peter Derge and the Raw Rah Band

Mon.16.08.2010
0 comments



Peter Derge and the Raw Rah Band
Peter Derge and the Raw Rah Band / Nothin' Like It (b/w) Come Alive
(USA MUSIC/2133/1980)
[FreeSoul/Disco/AOR]

カリフォルニアのマイナーレーベル
USA MUSICからの一枚。

両面ともにポップ系フリーソウル・ライトディスコ。

ポール・ニコラスやキーン・ブラザーズみたいな
ディスコビートのポップAORあたりとも近い雰囲気。

ただ、こちらの方がよりB級アイドル度高し。

ちなみに「Come Alive」は
70年後半の盤にも収録されてます。

ari

Post Scriptum Group, The

Sat.14.08.2010
0 comments



Post Scriptum Group, The
Post Scriptum Group, The / S.T. (ELECTRECORD/02285/-)
[PopRock/Prog/Jazz]

最近、母からメールが届く。
しかもSMSで。

どうやらセカンド携帯として
iPhoneを買ったらしい。

で、iPhone同士ということで、
こちらに送ってくるみたい。

なんてことない日頃のつぶやきから、
甥っ子の写真まで。

それにしても、還暦過ぎて、
よく使いこなせてるなぁっと思ってたら、
電話の切り忘れで、
無言の留守電が長々と。

確かに、iPhoneってボタンの方を押しちゃうんですよね。

件のアルバム。
どうやらルーマニアあたりのロックバンドの模様。

ポップロック・プログレっぽい楽曲が並ぶ中、
1曲だけステキなボッサ系ナンバーをやってます。

ari

Ted Coleman Band

Fri.13.08.2010
2 comments



Ted Coleman Band Taking Care of Business
Ted Coleman Band / Taking Care of Business (JSR/1508/1980)
(Jazz/Soul)

某所にてジャケットが2種類あるとのこと。

はじめて知りました。
どういった違いなのでしょう?

市価の4分の1程度の価格で購入したため、
やや不安。

しかも、よく見るとジャケットには
わずかな版ずれが。

ちなみにマトリックスは、
(A面)JSR1508-A 5/19/80

むむむ。

全然関係ないですが、
同レーベルのマイノリティー・バンド、
かれこれ10年程前に4000円程度で手放してしまう。

あぁ、勿体無かったなぁ~。

というわけで、詳細をご存知の方、
情報お待ちしております。

ari

Cruse Family, The

Thu.12.08.2010
2 comments



Cruse Family For Every
Cruse Family, The / For Every Heart (Impact/R-3726/1981)
[AOR/CCM]

父の古希と母の還暦のお祝い。(その後)

兄の絶対命令発令。

「宴会にて、三兄弟がそれぞれ夫婦で出し物をする事」

そうなんです。
実家が旅館なので、
後継ぎの兄がそういうの好きなんです。

しかもカラオケやらステージやら緞帳やらが
わりとしっかりあるので、これ大変。

というわけで、
次男の私夫婦、
まぁ、かっこつけてもなんなので、
AKB48の「会いたかった」を踊りながら、
全く似てないものまねを披露するという
ある意味、暴挙に。

お子様たちには
トトロのカンタのおばあちゃんや
まるちゃんあたりが割と好評だったり。

年配の方々には
真央ちゃんやら龍馬伝やらで切り抜ける。

で、親戚のおじさまには、
「ヨシモトにはいるっばい。」
とのお褒めの言葉を頂くも。

あぁ、夜中のフラッシュバック。

心の傷かと。

ari

Dan Hicks And The Hot Licks

Wed.11.08.2010
0 comments



Dan Hicks And The Hot Licks Last Train To Hicksville
Dan Hicks And The Hot Licks / Last Train To Hicksville The Home Of Happy Feet
(BlueThumb/BTS51/1973)
[OldTime/Swing]

父の古希と母の還暦のお祝いで
ひさしぶりに実家に帰省。

いつもの事ながら、
飛行機嫌いの私夫婦は、
東京から人吉まで
もちろん電車。

いろんな人から、
「大変だったね」と言われるものの、
意外と楽な電車旅。

交通費がやや割高ということを除けば、
特に不満もありません。

お墓参りもきちんと済ませて、
さて問題はお祝いの席。(つづく)

ari

Praise

Tue.10.08.2010
0 comments



Praise Sound80
Praise / S.T. (private/-/-)
[CCM/AOR/Rock]

ロズウェル兄弟を中心とした
ケンタッキー・パデューカのプレイズとは
同名異バンド。

というかCCMフィールドには、
プレイズという名前のバンドが複数いて、
あたりはずれが大きい。

で、本プレイズは、ミネアポリスSound80もの。

ドラム・パーカッションが効きまくった
グルーヴィーチューンありですが、
そこはCCM。

どこかしら変。

同じくレリジャス系マイナーバンドの
ウィスパーウッドをロックにした感じ?

変だけど、面白さは感じるかも。

ari

Commodores

Mon.09.08.2010
0 comments



Commodores Hot On The Tracks
Commodores / Hot On The Tracks (Motown/867S1/1976)
[Soul/Funk]

人吉駅にて運命の出会い。

老兵は、黒々と佇む。

響き渡る枯れた声。

軋む体。

焦げた体臭。

真夏の空に
もくもくと立ち昇る鼻息が、
まだまだ死なぬと気勢をあげる。

ari

Quazar

Sun.08.08.2010
0 comments



Quazar
Quazar / S.T. (Arista/AB4187/1978)
[Soul/Funk]

あわただしい日々が続いております。

いろんな所に出向いたり、
ひさしぶりの人にあったり。

それにしても、よく言われること。

「太った?」

そう。

もちろん自覚はあったんですが、
会う人会う人にことごとく言われると
やっぱりちょっとね。

というわけで、
今後はあんまり
くわざ~る。

なんてね。

ari