+antsvillage+

categories
archives
comments
links

Joe Kingston

Mon.20.09.2010
0 comments



Joe Kingston Songs For Trixie
Joe Kingston / Songs For Trixie (FlyingMongoose/1321/2009)
[Hawaii/Vocal/SSW]

ハワイのラウンジミュージシャン、
ジョー・キングストンの09年作。

前2作はステージ系のジャズボーカルでしたが、
本作はリラクシン・アコースティック。

下記2曲を筆頭に、
ハワイっぽいアレンジが粋なカヴァーアルバム。

「I Saw The Light」
「'Til There Was You」

唯一のオリジナル曲「Bonging Along」も
グッドタイムなポップスで、
私的名盤。

ari

Robert Byrne

Sun.19.09.2010
0 comments



Robert Byrne Blame It On The Night
Robert Byrne / Blame It On The Night (Mercury/SRM-1-3768/1979)
[AOR/SSW]

ロバート・バーンの名盤が再CD化だそう。

しかもデジタルリマスターSHM-CD&紙ジャケで。

それにしても、名曲目白押し。
ほんとステキなアルバムです。

実はこのレコード、
Hi-Fiレコードの店主に
初めて見繕っていただいた記念すべき品。

もう十数年も前の事ですが、
もちろん今でも愛聴盤。

詳細はこちらにて。

ari

Collin Yong

Sat.18.09.2010
0 comments



Collin Yong At Long Last love
Collin Yong / At Long Last love (Precision/2358-07-1/2007)
[JazzVocal/Swing]

おっと、このアルバムも忘れてはいけません。

マレーシア出身のジャズシンガー兼ギタリスト。
現在は本場カナダで活躍中だそう。

's wonderful.

ari

Colton Weatherston

Fri.17.09.2010
0 comments



Colton Weatherston
Colton Weatherston / S.T. (Detroit/-/2008)
[JazzVocal/Swing/Bossa]

デトロイト周辺のローカル・ジャズシンガー兼ギタリスト。

このアルバムに限らず、
クラシックスタイルの
ジャズボーカルアルバムですが、
エスプレッソにしろ、エレンマレーにしろ、
もう少し注目されても良さそうなものなのに。

とにもかくにも、
ジョンピザレリが好きな方はお試しあれ。

ari

Kenneth Sivertsen & Tid

Thu.16.09.2010
0 comments



Kenneth Sivertsen & Tid Einsamflyger
Kenneth Sivertsen & Tid / Einsamflygar
(ForX/FXLP42/1983)
[Vocal/AOR/Jazz]

ノルウェーのシンガーソングライター、
ケネス・シヴァートセンの83年作。

しっとりと落ち着いた印象のアルバム。
総じて知的。

アコースティック・ジャズボッサのA2「Strutsar」も、
凛としたグルーヴで、気品漂う。

オリジナルLPをお探しならばこちらにて。

ari

Duke Tumatoe and the All Star Frogs

Wed.15.09.2010
0 comments



Duke Tumatoe and the All Star Frogs Red Pepper Hot!
Duke Tumatoe and the All Star Frogs / Red Pepper Hot!
(TrouserwormTunes/0001/1976)
[FreeSoul/Rock/Blues]

イリノイ州シャンペーンのローカルバンド。

中心メンバーのデューク・トゥマトー。
どうやらREOスピードワゴンの初期メンバーだったそう。

ブルース・ロック的なアルバムですが、
フリーソウルファン向けの楽曲が2曲ほど。

ari

Espresso

Tue.14.09.2010
0 comments



Espresso All Of Me
Espresso / All Of Me (Sanbar/-/1999)
[Jazz/Swing/Vocal]

ふぅ~。
休憩休憩。

ari

Espresso

Mon.13.09.2010
0 comments



Espresso Jazz 'N' Samba
Espresso / Jazz 'N' Samba (Sanbar/-/2001)
[Jazz/Vocal]

ニューヨーク出身のシンガー兼ギタリスト、
サンディ・ラッセルを中心としたジャズバンド。

メロウにグルーヴする「Speak Low」を筆頭に
同系統のアレンジで聴かせる「Love Is Here To Stay」。
ブライトなボッサの「Jazz 'N' Samba」や「No More Blues」。
落ち着いたアレンジながら、
「It Ain't Necessarily So」のカヴァーもうれしい。

私的フィメールジャズボーカル名盤。

ari

Chris Montez

Sat.11.09.2010
0 comments



Chris Montez Foolin' Around
Chris Montez / Foolin' Around (A&M/SP4128/-)
[Pop Vocal/Soft Rock]

引き続きアニメのお話。

最近ブルーレイも発売された『フリクリ』。
こちらもザ・ピロウズ関連ということで。

その筋の方には説明不要の名作。

外連味たっぷりのアニメーションで、
思春期の甘酸っぱさが、はちゃめちゃに描かれる。

声優陣が、ナイロン100℃絡みというところもポイント高し。

ちなみに、英語圏ではフリクリの発音が難しいため、
Fooly Coolyというみたい。

フーリンアラウンド・クリスモンテス。
ちと、苦しいですが。
ギター女もいることですし。

というわけで、
こちらのフリクリも同じく名作。

ari

School Band

Fri.10.09.2010
0 comments



School Band Our Best Songs Now
School Band / Our Best Songs Now (Columbia/7012/1976)
[FreeSoul/BES/Funk]

漫画「けいおん!」が最終回とのこと。

P-MODELやザ・ピロウズとの関連性はさておき、
三十男が萌え萌えしちゃうのも致し方なし。

アニメ版しか見てないくせになんですが、
偏見をすてて、お試しあれ。

ari

DeBarges, The

Thu.02.09.2010
0 comments



DeBarges, The
DeBarges, The / S.T. (Gordy/1003/1981)
[BlackContemporary/80's]

携帯をiPhoneに替えて、約半年。
先日、ようやくはじめての同期。

というのも同期先を予定してたPCが絶不調。

原因不明で、OSリカバーするしかないなぁっと
ためらい続けて1年以上。

それが1週間程前に奇跡の復活で、
それ合体。

一時、連絡先が全部消えるというハプニングもありつつ、
今では快適、快適。

ari

Pahoehoe

Wed.01.09.2010
2 comments



Pahoehoe First Flow
Pahoehoe / First Flow (a'a/-/1995)
[Hawaii/AOR/SSW]

火山に続き、滑らかな溶岩を意味するパホエホエ。

ライナーによると、
カラパナの弟分『Summer』のチャールズ・リケイドが、
84年にリリースする予定だったソロアルバムをベースに、
『Akona』のケビン・テベスとコラボレート。

90年にカセットのみでリリースした後、
5年後にCD化。

なんといっても、浮遊感あるAOR・フリーソウルナンバーの
「A Day In Springtime」が絶品。

その他、メロウな「Kona Breeze」は、
これぞまさにブリージンナンバーで、
哀愁たっぷりの名曲。

ari