+antsvillage+

categories
archives
comments
links

Out Of The Fog

Thu.12.07.2012
0 comments



Out Of The Fog
Out Of The Fog / S.T. (FogEye/FEA1003/-)
[Rock/NeoAcoustic/AOR]

おそらくカナダだと思われる男女混合ロックバンド。

メンバーの数人が作曲・ボーカル担当ということで、
いろんなタイプの曲が混ざり合い、
印象的なジャケットイメージと相まって、
結果、バンド名のような、
つかみ所のない印象に。

ライトにはねたポップAORの
A1「Heart To Heart」や、
ネオアコっぽいフィメールボーカルのポップナンバー
B3「Closer To Abandon」
あたりが聴き所。

ari

Ron Seagram

Tue.10.07.2012
0 comments



Ron Seagram Just A Little Love (b/w) Somebody's Been
Ron Seagram / Just A Little Love (b/w) Somebody's Been Lovin, My Sweet Thing
(ChoclateMama/-/1985)
[Soul/Funk]

聴き所はこちら。
「Somebody's Been Lovin, My Sweet Thing」

ソウルファンには物足りないものの、
AORファンにはいけそうなライトモダンソウル。

単調な展開なので、飽きない程度に。

ari

Windvoice

Mon.09.07.2012
0 comments



Windvoice
Windvoice / S.T. (Branch/SRS1101/1980)
[AOR/SSW/CCM]

ダグとドンのホームズ兄弟による
レリジャス系デュオ。

曲作りは姉妹のロビンも含めた3人。

ジャジーなフォーキーAORの
B2「New Song」

メロウフォークロックの
B3「Silent Revelation」
あたりがステキ。

ロン・サルスベリーの佳曲
B1「Don't Let Jesus Pass You By」をやってるあたり、
マニアにはうれしい。

ari

Fernando's Ginga

Sun.08.07.2012
0 comments



Fernando's Ginga Ride The Night
Fernando's Ginga / Ride The Night
(Polydor/2925117/1981)
[Brazil/Vocal/AOR]

オランダのブラジリアンジャズボーカルアルバム。

ソロ作っぽい雰囲気のジャケットですが、
どうやらバンド名義みたい。

アルバム通してなかなかステキな一枚で、
特にメロウサンバAORの
A2「Love Sweet A Tease」なんて最高。

ari

Bobby Sheen

Sat.07.07.2012
0 comments



Bobby Sheen Come On And Love Me (b/w) Love Stealing
Bobby Sheen / Come On And Love Me (b/w) Love Stealing
(Chelsea/3034/1975)
[Soul/Funk]

メロウダンサーの「Come On And Love Me」と、
サザン系ウォーキングテンポ・バラードの「Love Stealing」

どちらもなかなかステキな一枚。

ari

Margeeah

Fri.06.07.2012
0 comments



Margeeah Looking For Love
Margeeah / Looking For Love (Kingdom/30882KS/1983)
[Soul/Funk]

ジャジーなフィメールソウルグルーヴが好きな方
必聴のアルバム。

RARE 33 inc.にて教えてもらいました。

宗教色が濃い内容で、
クレジットを見ると、
ヘブライ語らしき名前がずらり。

イスラエル録音ですが、
シカゴ周辺のミュージシャンという情報もあり、
詳細は不明。

ari

R. B. Hudmon

Thu.05.07.2012
0 comments



R. B. Hudmon Ain't No Need Of Crying
R. B. Hudmon / Ain't No Need Of Crying (b/w) This Could Be The Night
(Atlantic/3413/1977)
[Soul/Funk]

アルバム『Closer To You』が人気のサザンソウルシンガー。

アルバム収録の「This Could Be The Night」はもちろん、
未収の「Ain't No Need Of Crying」は
AORファン向けライトメロウなミディアムでステキ。

ari

Lawrence Schwedler

Tue.03.07.2012
0 comments



Lawrence Schwedler Crisis Journey
Lawrence Schwedler / Crisis Journey
(Fiction/-/1981)
[AOR/Rock]

カリフォルニアのシンガーソングライター。

コアなAORファンには
わりと知られたマイナー盤。

ハードなイメージのジャケットからは想像できない
ライトメロウなA2「Wedding Song」がステキ。

その他にも数曲、
モダンソウル系AORをやってます。

ari

Holland

Mon.02.07.2012
0 comments



Holland Thank You For The Day We Met
Holland / Thank You For The Day We Met
(Burlap/BSI-0191/-)
[Vocal/CCM/AOR]

オランダって名前ですが、
オクラホマのレリジャス系グループ。

AORファン向けのオケに
コーラス系のボーカルがのる、
マイナーCCMによくあるタイプのアルバム。

あくまでB級ファン向けですが、
それ系が好きな方には結構うれしい。

ari

J.P. Racer

Sun.01.07.2012
2 comments



J.P. Racer Coming At Ya!
J.P. Racer / Coming At Ya! (Wizard/1301/1977)
[Rock/FreeSoul/BES]

オーストラリアにもウィザードってレーベルがありますが、
こちらは本国カリフォルニア録音。

少しいなたいハスキー女性ボーカルが
なぜだか妙に心地よい
フリーソウルナンバーB2「That's Not A Tear」が聴き所。

ぐずぐずなイラストも
なぜだか妙に。

ari